被せ物の作成手順 

前装冠症例(保険) 

1.jpg前歯数本が酷い虫歯になっています。

 

2.jpg根っこの治療が終わった後、土台を立てます。

 

3.jpg最後に型取りをして出来上がった歯を被せて終わりです。
前歯は、表側の見える部分はこの様に白く出来上がります。

 

接着性ブリッジ(保険)

1.jpg無い歯の両隣の歯の一部を最小限必要な部分を削って溝を作ります。

 

2.jpg
小さく削った溝に引っ掛ける様な形で、型取りによって出来上がった歯をセメントで固定して、無い歯を補います。
従来のブリッジの作り方よりも歯へのダメージが少なく、かつ審美性に優れた作り方となります。

 

__3.jpg
外側からの見た目も自然な仕上がりとなり、違和感はありません。

 

CAD/CAM(保険)

CADCAM1.jpg小臼歯に歯を被せる前の土台部分です。

CADCAM2.jpg
平成26年4月より小臼歯のみ、この様な白い被せの歯が保険適応となりました。
色の変色が少なく、強度もありますので耐久性にも優れています。

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
078-583-8214